引き締まった体と憧れのシックスパックを手に入れるためには食事の管理も大切です。
シックスパックは6つに割れた腹筋のことです。
僕もある程度減量できた頃から集中的に鍛えてきました。

筋トレする時はディープチェンジHMBサプリを飲んでいますが、普段の食事にも気をつけています。
せっかく鍛えた筋肉を維持するためにも、タンパク質が豊富な魚や肉、卵などの動物性タンパク質を積極的に食べています。

筋トレ時ですが、エネルギーが不足している状態で筋トレすると、不足したエネルギーは体内の筋肉を分解して補われることになります。
カタボリックと言われるこの現象ですが、絶対に避けたいところです。

筋トレの1.5時間から2時間前に、食事やサプリなどで栄養を摂取することが大切です。
筋トレ前の食事はGI値が低い玄米や蕎麦などの炭水化物とタンパク質を多く含んだ食事をします。

筋肉を肥大化させるためには、多くても少なくてもいけないちょうどいい栄養素を摂取することが大切です。また、普段から主食・主菜・副菜・乳製品・果物などをバランスよくとることが理想です。

よく炭水化物を抜くと痩せると聞きますが、筋トレ中に炭水化物が不足すると瞬発力や持久力が思うように発揮出来ないどころか大事な筋肉が分解されてしまいます。
そうならないように、自分に合った食事量を把握して食べなさすぎや食べ過ぎを防ぐことが大事です。
空腹でトレーニングしない・トレーニング後にも栄養を補給することがポイントです。