毎日腹筋運動をしているけれど、ぜんぜん割れてこないという声をよく聞きます。
その方法、実は間違っているかもしれません。
多くの人は、腹筋を割りたければ腹筋運動をすればいいと考えます。
まず、お腹の肉を落とすことが必要ですが、腹筋したからと言ってお腹の脂肪だけが落ちるわけではありません。
残念ながら部分痩せすることはできないので、トータルで絞っていくことになります。
体脂肪を落とすことを目的にトレーニングするなら、有酸素運動をすることが大切です。筋トレは無酸素運動になるので、脂肪を燃やすトレーニングと筋肉をつけるトレーニングは別ということになります。
お腹の脂肪がついている状態でシックスパックは現れません。
脂肪を落としてひたすら腹筋を鍛えるのです。
腹筋は回復が早い筋肉と言われています。
しかし、筋肉痛が治ってから筋トレをすることが大事です。
充分な栄養と休息は必要です。
また、負荷をかけながらゆっくりスロートレーニングをするようにします。
クランチやレッグレイズというトレーニング方法があります。クランチは腹筋上部を鍛えるトレーニングで、レッグレイズは腹筋下部を鍛えるトレーニング方法です。
継続して行うことでシックスパックを手に入れることができます。

腹筋を鍛えると得られる相乗効果は、腰痛の予防と腸の調子がよくなること、また姿勢もよくなります。
筋トレすると自分に自信を持てるようになるので、精神的にも強くなれます。もちろん、筋トレ自体精神との闘いであることは間違いないとは思います。